水道修理・蛇口交換の業者相談前に原因特定

水道

家庭内の水場トラブル

トイレ・キッチン・風呂場など、水に関する場所は劣化やカビトラブルなどが起きる事も多い場所です。そのため、適切なケアや掃除が必要になります。また、ケアしていても材質の変化や寿命などがあるので、劣化や寿命を迎えた時には部品や蛇口などの交換、壁などの張替え、その後の防カビコーティングなど予防ケアを行うことが重要です。

水場に起きるトラブルの要因

水にはカルシウム他様々な成分が含まれています。その成分が付着することでの汚れや錆、水垢、水気による雑菌・カビの繁殖、食物や皮脂他の汚れなど様々な要因で、材質の劣化・故障・つまり・カビ・汚れなどのトラブルが起きることがあります。キレイに使うには、こまめに水分のふき取りをして雑菌やカビを防いだり、掃除を行うことになります。

経年劣化や破損

きれいに使用していても、長く使えば寿命を迎える部品もあります。例えば蛇口などは、間に入っているゴム製のパッキンなどが劣化で、摩耗・割れなどが起きることにより締りが悪くなることがあります。パッキンの劣化で水漏れ、緩みや回転せずに蛇口が開かない、ハンドルが動かなくなるなどが起きるケースもあります。よくあるトラブルの一例を見てみましょう。

よくある水道トラブルQ&A

蛇口の水が止まらない

パッキンなど緩衝している部分が劣化していることが多いです。パッキンの交換は難しくはありませんが、交換しても改善しない場合や自分で行うのが難しいと感じた場合は専門業者や水道トラブルを管理会社で相談してみた方が良いでしょう。

水がうまく止まらないし、ハンドルが堅くなっている

蛇口が劣化するとハンドル部分の動きが悪くなったり、堅く動かなくなる恐れがあります。パッキンの交換を行ってみると改善することがありますが、それでも改善しない場合は蛇口の劣化などが考えられるので蛇口交換などを専門業者に相談しましょう。

外水道のパイプから水漏れしている

パイプの劣化、継ぎ目からの割れなどで水漏れが発生することがあります。止水栓で水を止めるなどしてから、問題部分の切断と交換・接続が必要ですが、素材の取り換えや接着剤などの用意を考えると専門業者依頼の方が低コストで安心です。

トイレの水が止らない

タンク内の状態によっても原因が異なります。判断の詳細、修理すべきポイントなどの見極めは水位線の上に水があるかで判断ができます。上ならタンクの水位や、ボールタップの交換、下の場合は鎖やフロートバルブ・レバーなどの部品交換・修理が必要になることがあります。

修理箇所・症状を見極める

水トラブルで相談をするのであれば、まず発生場所や被害個所を正確に把握しておくと良いでしょう。そのうえで、専門業者に相談することでよりスムーズに作業の見積もり提示や水道修理依頼をすることができます。発生個所・原因のチェックで、より正確な見積もり相談が可能になります。

水道修理相談は専門業者へ

慣れていればDIYで、自分で蛇口交換や水道修理などを行うことができる人もいるでしょう。しかし、症状や交換場所によっては、より被害が広がる恐れもあります。適切な被害場所や範囲、原因を確認して修理をするのであれば、専門業者に相談する方が確実です。

広告募集中